2016年12月08日

「報道ステーション」が、シリア難民が自国を戦争をする国になるとは思っていなかったと言ったという

 今日は横浜へ行ってくる。クリスマス用品は意外と置いていなかった。もう売れてしまったのか?
 録画しておいた番組を観ている合間に、テレ朝の「報道ステーション」が映った。アナウンサーが、シリアの難民の発言として「自分の国が戦争をする国になるとは思わなかった」と言ったと言っていた。
 はて。
 シリアと言えばかつての反イスラエル急先鋒で、たびたび全面戦争をしかけていたのではないか?
 アメリカ製の戦闘機、F−15とF−16が初めて本格的な空中戦を経験したのも、イスラエル空軍機として参加したシリアとの戦闘「ガレリアの平和作戦」で、1982年のレバノンを巡るこの戦闘でシリア空軍はMiG−21を五機、MiG−23を二機、ヘリ六機の喪失を認めているはずではないか?
 シリアが戦争をしない国だというのは、どこの世界のシリアの話でしょう。
 世界史を多少かじっていれば、シリアがイスラエルと何度も戦火を交えていたことくらい明らかで、報道番組がこんなことに無知なまま制作されているとは信じられない。報道番組なんていう看板、下しちまえ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

フェラーリ天国

 今日はコンビニ売りのミニカーが売り場に並ぶと睨んで出かけてくる。
 ところが、いつも新作を置いてくれるお店が、旧作の売れ残りを隅っこの一番下に追いやられて売り場消滅になっていた。家に帰って市内のサークルKサンクスの場所を検索し、大通り沿いをメインに走り回る。最後に訪れたサンクスでようやく発見。本命のFXX Kが出たら撤収と決めて一箱ずつ摘まんでみる。しかし、まったく当たらず。持ってない車が次々と出てくるので不満は無いが、不安が募る。千円を残して、やっと黄色の本命をゲット。楽しい一日となりました。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

きっと寒暖差のせい(戦艦武蔵の番組を観たよ)

 昨夜の遅い時間から調子悪し。今日も昼過ぎから腹が膨れているようで気持ち悪い。昨日の異様に暖かかったのと、今日の午後から急に寒くなったのと、Wで体を責められたせいだろうと思われる。
 今は安定。ただお腹がちょっと痛い。

 NHKの、戦艦武蔵の番組を観た。
 あまり得られたものはなかった。印象としては、武蔵の資料を集めたり、本気でCG動画を作るための番組で、内容はコンプライアンスと相談しました、な感じに見えた。
 武蔵が沈んだのは、装甲をビス止めしたせいで、これは欠陥じゃないかということだったけれど、そもそも装甲板というものは端っこの方だと額面通りの性能は出ないという。確か、佐藤大輔さんの架空戦記もので読んだ(短編集で、その中の、航空兵器が条約で制限された場合の、対艦巨砲主義が徹底された世界のお話だった)。だから、艦の重要部分、バイタルパートを覆う装甲板というのは、端っこを重ねたりして弱点を補うものだけれど、それにしても限界があるということだった。
 そのことを踏まえると、いくら装甲板をリベットではなく溶接でつなげたとしても、やはり継ぎ目のような部分は板の真ん中よりも耐久性は劣るし、そもそも溶接部分が装甲板そのものと同じだけの強度を持つとは考えにくい(潜水艦のように、圧力に耐えやすい形状で、徐々に力を加えられていく形状なら強いようですけれど)。
 だから、対策を怠ったがために致命傷になった、という欠陥と言うよりも、巨大な一枚板として制作することができないために装甲板を何枚もつなぎ合わせて作らなくてはならないバイタルパートの宿命、弱点というべきものだと思う。どこの国の戦艦にもあるものだし、戦艦という艦種が作られなくなったからどうなっていたか皆目わからないけど、技術革新がなければこの弱点を克服できなかったのでは? 戦車の世界を見ると、装甲の開発は目まぐるしいですからね。被弾経始がほとんど無意味な世界になってしまった。
 余談だけれども、大和型戦艦には他にも弱点があるのは有名な話。例えば副砲の耐弾性能が他の部分よりも劣っていたから、ここに爆弾が落ちるとバイタルパート内へ抜かれるという話。機関部に直結する煙突も対策を取るにはむつかしい箇所。
 そんなわけで、番組の訴える内容に関しては、まったく得る物はありませんでした。ただ、CG映像はとても面白かった。残骸から被害状況を推定する部分は、旅客機の墜落事故の原因を追究するのと同じでドキュメンタリーならではの部分だった。
 浮沈艦などという言葉は、作った側が主張するだけのものであって、事実上の浮沈船、浮沈艦というものはないということですね。
 ただ、軍縮条約から解放された日本が二十年ぶりに作った大和型戦艦が傑出した存在であったのも、また事実でしょう。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海読書

 今日はあったかかったので、嬉しくなって本を持っていく。
 帰ってきて、猫と遊んでいると、わずか三十分ほどでずいぶん気温が下がって寒くなってきた。やはり今は冬だ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

湘南国際マラソン非観戦

 今日は海岸が規制されているので海自転車は行かず。買い物にでかけた。
 この後、戦艦武蔵の番組を録画しておいたので見ようと思う。録画する時に見た番組表の情報だと、構造に欠陥があるとか書かれていたが、戦艦という艦種自体が第二次大戦後に新造されなくなっているので研究もされておらず、面白いものが観られそうだという予感がある。
 史実だと、第一次大戦のユトランド沖海戦で甲板に装甲を張る重要性が発見されたり、実戦経験による教訓は大きい。ありえたかも知れない、戦艦に関する戦訓を妄想するには、いい番組かも。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする