2015年08月19日

涼しい海原稿

 ここのところ、涼しい日が増えてきた。盆が過ぎたなぁと実感できる。
 テレビで近辺が取り上げられたので、取材された店を往復のついでに見に行く。ひげでんや有名なサーフショップは通り道なので見たことはある。こうした店の中を垣間見れるという点で、特集番組は面白い。
 ところで、報道で自衛隊と米軍の一体化が進んでいると、この数日取り上げられている。今更である。自衛隊は元から米軍と一緒に戦うように作られている。自衛隊の規模や戦力では、できるのはせいぜい敵軍の進軍を遅らせる程度。だいたい60日ほど頑張れば、米軍の戦車を含む重戦力が到着するとみられていて、自衛隊の任務の第一はその60日間を戦い抜くことにある。その間に占領された土地は、やってきた米軍と共に取り返していく。
 戦争を終わらせるには、相手の戦争を続ける能力を奪う必要がある。日本側に設けた、補給物資を受け取る拠点を米軍と共に奪還し、相手国側の物資や戦力を送り出す港湾施設を米軍に爆撃してもらう必要が出てくる(自衛隊には、単独で敵国の上空へ侵入し爆撃する力は無い。具体的には敵の防空網を潰す戦力を持っていない)。そのために米軍と共同戦線を張る訓練をしているわけだ。
 そういう、自衛隊草創期から続く事情を考慮せず、とんちんかんな批判を野党はしているわけだ。国会議員の方々は頭がいいので知っていてやっているのだろうが、食べ物を買うだけでもけっこう持っていかれる税金で給料が払われていることが悔しくなる一時である。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする