2015年09月30日

「皆勤の徒」(酉島 伝法 著 創元SF文庫)を読了

 今日は思索の一日。なんとなく思考の道筋はたった気がする。

 伊勢でだいぶ読み進めていた「皆勤の徒」(酉島 伝法 著 創元SF文庫)を、つい先ほど読み終わりました。
 漢字で世界観を一歩ずつ、それこそ賽の河原で積み上げる石のように一つずつ作り上げた独特の世界を作り上げた労作。ちょっと語る言葉が思いつかない。遠い未来を描いた作品としても面白いと思いました。
 個人的に、レムの薫陶を受けているので、人間主義的なものを引きずった架空世界の話にはいささか辟易するのですが、この作品の場合は姿も意識も変容した人類がそれでも人間性を引きずっているのが、人間を描く上で非常に重要なものになっていた。まだまだ私は若輩者です。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

セバスチャン・ローブが今度はダカール

 投稿小説は、また別の視点で資料を読み直す必要がでてきたかも。

 WRCで「長年チャンピオン」に君臨して、今シーズンは別のカテゴリーWTCCで活躍していたセバスチャン・ローブが、今度はダカール・ラリーに参戦するという。
 こっちの世界も魔窟ですが、楽しみ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

自転車路肩運転はやっぱり怖い(訂正)

 今日は陽気のせいか眩暈がしたので、原稿はお休み。

 川崎市で、道端で止まって自転車に絡まった靴ひもを外そうとしていた高校生中学生が車道側に倒れて、走ってきたバスに撥ねられて亡くなったそう。どちらも不幸な事故だけれど、バスの運転手は逮捕されてしまった。
 死亡事故が起こった場合の通常の手続きなのかも知れないけれど、理不尽なものだと思う。
 この事故は止まっていた自転車が倒れた事故だけれど、法律を守って自転車で路肩を走っていると怖いことはままある。路肩の舗装はたいてい荒れているので、なるべく白線の辺りを走りたいけれど、二車線の道路で大型トラックがやってくると下水の方へと寄らざるを得ない。その辺りは段差があったり網状の蓋があったりで、ハンドルを取られそうに感じて緊張を切らさないようにするのが大変だ。路面を注視していると、どうしても車道側を確認できない。煽られるように抜かれて驚くこともある。
 歩行者との関係や、道路に取れる土地をいきなり増やすことはできないのはわかるけれど、自転車の原則車道走行ってのはやっぱり怖い。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

「LEGO MacLaren Mercedes MP4−26 2011 Japanese GP」

 今日は資料読み。引用したい言葉があったのだけれど、見つからない。

 レゴは二代目のF1マシンですが、実はこっちの方が前に作ったブツです。それでは「続きを読む」で。
続きを読む
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤沢市民まつりに行ってきた

 午前中は投稿小説の調べものに専念。
 お昼頃、藤沢市民まつりの秋葉台会場へ向けて自転車で出発。NAF ATUGIに行くときの引地川コースで途中まで行き、県道のきつい坂を上って秋葉台公園へ到着しました。
 水島大宙さんの朗読劇の時間を目標にしていましたが、その前の工藤江里菜さんの歌の時間に到着、ご飯を食べながら盛り上がりました。
 その後、大橋歩夕さんのファンらしき方々を発見して、話しかけました。過たずファンの方々だとわかり、大橋さんのお仕事の情報を入手。というか工藤さんのパフォーマンスの間に後ろで中継しておられました。
 ファンの方の中には、千葉から自転車で来られたという方が。県道の坂ひとつで音を上げた自分が恥ずかしくなった瞬間です。
 水島大宙さんの朗読劇が始まり、途中まで大人げなく席に座って観覧。疲労が抜けたので立ってトークを聞きました。アツギ行きのコースを幼き日の水島さんが探検していたという話を聞けて大満足。朗読劇で効果音を担当なさっていた栗木健さんが、ドラマ「孤独のグルメ」の音楽に参加しているという個人的なサプライズも。五郎さんがお腹を空かせた時の音を生演奏されてました。手製の楽器を作るために、見かけたリサイクルショップについ立ち寄ってしまうという話は、目的が違えど私も同感。今日も往きにあるブックオフに立ち寄ってきましたとも。
 などなど、大宙さんの仕事を生で観られたことと共に大満足な一日になりました。
 後は野外ステージに立ち寄りつつあちこちにある露店の気になる飯を食べたり、初めてくる秋葉台公園を彷徨ったり、ガレージセールでカプセルプラレールを見つけて買ったり、仕事が終わったあとの大橋歩夕さんを遠くにお見かけしたりしました。旨かったのはスモークフランク。初めて食べる味でした。
 帰り道は坂を避け、慶応大学前から小出川の方へ抜け、彼岸花を遠景に見つつみずきの方へ行くルートで帰宅。
 お土産は大橋歩夕さんの缶バッジ。
 帰った後は投稿小説を進める。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする