2015年10月04日

テレビ「孤独のグルメ」第五シーズンは尺が短め

 投稿小説は一山超えた。これから下山が始まる。

 録画しておいた「孤独のグルメ」を編集しダビングしました。四期では甘い物と食事の二本立てでしたが、五期は食事の一本立て。ですが個性的な店を出してきましたねぇ。
 これは、くどくどしく味を説明せず、「こう来たか」「これはよし」との一言二言で全てを表現してみせるのがいいんだと思います。味のイメージは、料理の映像で湧きますから、あとは演者の反応で充分に旨いことがわかります。その先、どういう味が視聴者にとっての好みかは千差万別なのですが、番組が事細かに説明しないことで視聴者が勝手に好みの味を想像してしまうんですね。この辺りが、他のグルメ番組と違って支持されている理由なんじゃないかと思います。
 ガーリックハラミ、食いたいなぁ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする