2015年11月30日

Su−30 SMとはなんぞや?

 シリアで爆撃をしているロシア軍の護衛として、ロシア空軍はSu−30 SMを出撃させているというニュースがありました。で、フランカー複座型のSMってなんぞや、と思い、模型誌ですが「飛行機模型スペシャル No.8」を引っ張り出しました。
 Su−30 SMは、インド向けの複座、カナード付き、推力偏向ノズル付きという全部載せのような機体に、ロシア向けに開発された性能のいい電子機器を搭載した型だそうです。
 フランカー系では最高のエアフレームに、自国向けの高性能機器を積んだ機体ということは、派遣できる中では最高性能の制空戦闘機を派遣しているわけですね。戦地での不具合の洗い出しをするのと同時に、最近まで上空にいたアメリカ空軍のF−22Aに対抗するという目的もあったかも知れません。
 あと、複座型が選ばれた理由としては、後席のクルーが戦場上空での航空管制を行っていたのかも知れません。米軍でいうところのFACで、爆撃機に目標への侵入ルートを指示したり、レーダーなどの脅威を探し出して座標をプロットしたり、多数の機体を混乱なく任務につかせるために調整を行ったりする役目です。米軍だとAWACSが行う任務ですが、ロシアだと戦闘機同士がデータリンクを行って簡易AWACSとして機能するようになっていたりするので、Su−30 SMが同様の任務を行っている可能性もあるでしょう。まあ実際のところはわからないのですが、マニアの無責任な憶測ということで。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

某ゲームのフォッケの話

 今日はのんびり過ごす。平山夢明著の「どうかと思うが、面白い」を引っ張ってきて読んだら、こんなに下品な内容だっけとびっくりする。まぁ、ハムスターおじさんのエッセイだから。
 さて、某艦これで、フォッケウルフ Fw190が登場しましたが、一部で「機首が短すぎる」という声があります。説明書きを見ると、Fw190の後期型を改造して艦載機に、とあります。後期型といえば、機首を伸ばして空冷エンジンから液冷エンジンに換装したFw190D、通称「長っ鼻ドーラ」ですから、まあ機首が短めに感じられるのも無理からぬことだと思います。まあしかし、装備欄の絵なんて誤差の範疇だとも思えますけれどね。
 ここでちょっと妄想してみると、このFw190の艦載型がメッサーシュミット Bf109と同様の改造を施してあるとみるなら、離着艦を容易にするため翼面積の増大と補助翼大型化を図って主翼の延長をしてあるでしょうから、見た目はFw190の最終進化型であるTa152にかなり近いものがあると思います。胴体の長さがFw190Dと同じなら、もっと横に広い感じがあるかも知れません。翼面積が増えれば空気抵抗が増し、D型よりも最高速度では劣るかも知れませんが、格闘戦性能は若干の向上を果たしているでしょう。
 ということで、運営にはいずれTa152の艦載型を実装することを進言いたします。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

行きつけの店、閉店す

 今日は用事も無く藤沢へ行く。東京を無意味に歩き回ったら面白かったので、徒歩で帰宅しようかと企んでいたのだ。
 探しているCDがあったので、タワーレコードへ行ったら、今月末で閉店するという。
 そうか、そんなに音楽CDは売れてないのか、と愕然としながらいつもの行きつけの店を回っていると、今度は古書店(というよりは古本屋といった方がいい雰囲気)のブックサーカス藤沢店が閉店するという張り紙が。
 張り紙によると、店長が病気で続けられないという。36年続けていたらしい。ここと赤羽模型玩具店はセットでずっと通っているから、閉店したら寂しいなぁ。マニアックな本が置いてあったので、覗くのが楽しいお店でした。閉店は来年一月末とのこと。もう一回行くか。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

のびのび本読み

 今日は読書を楽しむ。改装前くらいの混み具合に戻ったラスカへも出かけて昼食を買ってくる。普段使いする店が混むのは辛い。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

「HMA JAS39 Gripen」買ってきた

 先日、イエローサブマリンにて新しく144に参入してきたHMAという会社のグリペンを買ってきました。
 このキット、素材はABS製、説明書には部品番号が記されておらず接着場所の指示も曖昧、塗装の指定も無しという、かなり癖のある商品です。デカールも貼り付け場所の指示がありません。
 値段も高いのですが、ネットで情報収集できる上級者向けキットといえるでしょう。私が売り場を覗いた時、四種類のデカール替えキットの内の開発国スウェーデンが売り切れだったので、南アフリカ空軍機を購入しましたが、買う方はデカールがどこの国のものなのかチェックしてください。箱に貼ってあるシールに「DECAL TYPE:〜〜」とあります。その上、カタカナでのシリーズ名と機種名が書かれており、その下に英語で表示されています。私のものは、「South African Air Force」とあります。
 ABS製ということは、接着もそうですが追加工作も普通のプラスチック用接着剤が利かないということ、更に工作用のプラ材とABSをくっつけるには瞬間接着剤が必要になるということです。素材の選択には理由があるものと思いますが、このあたりはシリーズの次回作でプラスチックに変更して欲しいですね。ピトー管やAOAセンサーの追加なんかを考えずに、ストレート組みをするのならば簡単に組めそうではあります。
 色々と書きましたが、初めて作る機種なので作るのが楽しみです。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする