2015年11月06日

読書の秋

 今日は病院を済ませた後、買っておいた「雑想ノート」(宮崎 駿 著 大日本絵画)を最後まで読む。取り上げる題材が妙に偏っている感じだけれど、趣味とはそういうもの。思えば押井守監督の「戦争のリアル」(エンターブレイン)も超偏っていた。
 こういう思い入れの強い本で、自分の趣味にビタッと合うものに出会えると、幸せになれるのである。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする