2015年11月07日

一人東京ブラ散歩

 今日は東京へ散歩に出かける。まずは秋葉原で模型関係の買い物をした後、駅前で昼食を買い込んで新橋駅へ。愛宕神社を目指す。ここは23区の自然の地形では最も標高の高い、愛宕山の山頂にある。参道と書かれた看板に従い、とぐろを巻くような坂道を延々と登っていく。途中に田崎信也さんのワインサロンなんていう建物を見かけた。
 やっと神社へ到着し、参拝を済ませてからカレーパンとハンバーガーに齧りつく。見ると、猫がこちらをうかがっている。しばらくすると少し近寄って、再びこちらを見る。ついには足元へやってきて見上げてくる。しょうがないなぁ、とか言いつつ、ベーコンを一かけらあげたら、足元でそのまま食べて、そのあとはもう見向きもせずに去って行った。猫なんてそんなもんである。
 その後、東京タワーと増上寺の間を通って、慶応大学の前を通り過ぎ、品川へ。品川の車両基地をくぐるトンネルがあるのだけれど、ここを通ってみたかった。腰を屈めないと頭がぶつかるほどの低い隧道。一つ、長年の夢がかなった。品川駅の東側は、人の姿の少ない閑散とした地域だった。
 品川駅の自由通路を通って西側へ。なるべく線路に沿って大崎駅まで歩く。新幹線や山手線を見つつ路地を縫い、大崎駅の手前で山手線の下をくぐる。その先、品鶴線の線路を跨ぐ跨線橋があり、橋の上から湘南新宿ラインを眺める。
 今度は、大井町のJR工場沿いに南下して大井町駅まで歩く。下町といった感じの、低層住宅が並ぶ界隈だった。品川区役所前を通り、東急の線路沿いに大井町駅まで出て散歩は終了。
 電車移動をしているとよくわからないけれど、東京は案外狭い。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする