2015年12月21日

カフェイン報道を注視

 今日は病院で思ったよりも時間を取られてしまい、病院な一日になってしまった。

 今朝の報道で、カフェイン中毒で亡くなった方が日本で現れたというものがありました。こういった話、海外ではすでに盛んになされているようで、カフェイン含有量の多いエナジードリンクが危険視されているそうです。一説ではタバコの規制が進むところまで進んでしまい、仕事が無くなった規制団体が次のターゲットにしているとか。
 その辺の真偽はわかりませんが、実際にF1業界に対してエナジードリンクの広告規制を働きかけた団体がいたそうです。ジャン・トッドに「ありえねぇ」と一蹴されたそうですが、広告規制はタバコが通った道。個人的には敏感になってしまいます。
 コトがエナジードリンクで済めばいいのですが、この手の規制運動はエスカレートしますからね。タバコに関しては、喫煙場所で吸っている人に対してすら抗議する人が現れていますし、タバコの箱のデザインは改悪され蹂躙されました。別にタバコは吸わないんですが、タバコの箱は好きでした。小説の資料にと海外のものを買ったことがあるんですが、もう面白みなんかありませんね。
 カフェイン危険視が、カフェイン非難になったりカフェイン反対運動になりはしないかと、ちょっと注視していきたいところです。紅茶が死ぬほど好きなので、歳喰ってじじいになった時、後ろ指を指されながら紅茶を飲まなければいけない世の中にはならないように。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする