2016年02月29日

支持者の収入の多寡に何の意味が?

 ここひと月の大きな話題がアメリカ大統領予備選挙のトランプ候補の躍進だけれども、予備選挙が始まる前あたりから、日本のテレビなどでは「支持層は低所得者である」と報じ、言外にトランプの主張は取るに足らないと匂わせるような主張をしていたように思える。三回目の予備選あたりからは、支持層にヒスパニック系や中間層も加わっていると報じられたけれども、先週のNHKのクローズアップ現代でも「支持層は低所得者」という冠言葉がついていた。
 個人的には、反ウォール街デモが大きな話題を呼んだくらい低所得層が増えているなら、低所得者を味方につけたトランプ候補は強力な存在だと理論づけるけれども、そのように報じているマスコミは少ない。なぜだろう。
 そこには、低所得者=情報弱者という侮りを感じられるような気がする。日本の話題でも、いわゆるヘイトスピーチを揶揄する方々が、相手の団体を低所得者だと言ったり、「安倍首相を支持するような右翼は低所得層」という主張をしたりしているマスコミがいる。同じ会社が、格差拡大と貧困層増加を嘆いていたりするが、やはり低所得層の拡大と、彼らのいうところの右翼や差別主義者を関連付けた論調は見られない。論理的に、格差の拡大する現代社会は右翼と差別主義者が台頭するディストピアになる、とそう読み取れるはずなのに、なぜそのような結論が出されないのか。
 やはりそこには、低所得者の主張や思想は取るに足らない、と見下している匂いが感じられる。でなければ、真剣に低所得層への脅威を煽っているはずである。
 民主主義下の一票は、投票者の貴賤に関わらず同じ一票であり、票が集まれば支持された政治家はそれだけの力を得るが、なぜかそうした危機感は持っていないようだ。
 私としては、綺麗ごとばかりいう政治家が信用を失って、現状を打破すべく両極端な候補者が支持を集めるという展開は、かなり納得できるものであり、民主主義が政治を大きく動かすことができる証左だと思うのだけれど、みなさまは如何思われるだろうか。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

長い議論を見ていて気になること

 ホットな南シナ海人工島に関する議論を、トゥギャッターで読んでいてついつい夜更かしになってます(http://togetter.com/li/943063)。
 あちら側の人は、あからさまに中国側の人間か、さもなくば脳の問題で論理的思考が不自由な方なのですが、日本人でもテレビや新聞で意見する人に少なからず「半蔵」氏的な人がいるんですよね。有名どころでは、元外務省の孫崎享氏とか。
 個人的には、なぜそこまでして中国の共産党政府を信用できるのか、また、なぜそこまで日本政府の事を信用できないのか、気になります。自身の利益のためにポジショントークしているというのなら納得もできるしいっそ清々しいのですが、どうもそうではなく、本気で中国共産党政府を信頼し、日本政府を憎んでいるような方も散見されます。そういう方々と世代や歴史観を共有していない私としては理解できず、知りたい誘惑にかられます。彼らの人生観を理解し、理屈立ててその感情に納得し、共感できるようになってみたい。同じ日本人でありながら、全く理解の及ばない遠い他人である彼らのことを探ってみたい。
 ものすごく危ない誘惑です。
「深淵を覗きこむとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ」
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

あの髪型はどうなってんのか

 アニメ「紅殻のパンドラ」を観てたら、蒲腐みたいなのきた! すげぇテンション上がった。OPに出ていたのを見てから、いつか出るのはわかっていたけど。やっぱりクズだった。いいキャラだなぁ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

アツギ行き延期

 実は、ここ数日、天候が良かったらアツギへ飛行機を見に行こうと企んでいたのだけれど、気温が低くてついに断念した。週初めに出かけた時、出先でずっと胸焼けがして苦しんだため、無理に出かけるものではないと思った。そろそろ鎌倉は瑞泉寺の梅も見頃だと思うのだが。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

百閧ケんせいと昼間酒

 今日は、戦時下の銃後の生活を学ぶべく、「東京焼尽」(内田 百閨@著 中公文庫)を読んでいたのだけれど、百閧ケんせい、よく酒をお飲みになる。つられて私も昼間酒。序盤を味読する。
 夜、グリペンの資料を探して航空ファン誌を漁っていたら、急に花粉症の症状を呈し困窮する。ついに来たか。マスクをつけて今に至る。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする