2016年04月18日

阿房列車読み始め

 今日の読書は、阿房列車の読み始め。随筆家の内田百閧ェ、ただ列車に乗りたくて東京から大阪に行くという話。今でいう乗り鉄のはしりのようなことを、本一冊分書いたというもので、阿房列車は三冊出ている。
 戦後復興の中で、国鉄が徐々に華やかになっていく時代の話である。特急に急行、客車列車に省線電車、時刻表は実に楽しそう。まだ列車の長距離移動が輸送ではなく旅だったころ。多分、現代の深夜バスの代わりに寝台特急の三等車が使われていた。
 鉄道好きには夢のような話だ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

不調

 今日は、朝起きて寝床から立ち上がった瞬間に「あ、体調悪い」という感じだった。どこが悪いというわけでもないが、腹の奥が熱くて不安感がある。不安感は徐々に消えた。しかし、今日から始まるお祭りで何か食べようという気持ちにはならなかった。
 祭りには一応足を運ぶ。チーズを溶かしてフォカッチャにかける、ラクレットを出している店があったので、いただいてみる。これは美味しかった。
 東北支援の屋台が出ていた。311と今回の熊本地震では少し趣が異なるが、いずれ地道な支援活動が始まるのだろう。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず通常運転

 以前の震災時に、いつもと変わらない世界があることに安堵を覚えたこともあり、通常運転を続けます。
 今日は所用があって出かける。内田百關謳カの本では、戦後の随筆に大きな影を落としている宮城道雄の遭難を知るため「東海道刈谷駅」を読む。一級の作家の筆によるので、かなり暗鬱とさせられた。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

1:12、89式小銃対決

 模型店さんのメルマガを見ていたら、トミーテックのリトルアーモリーとプラッツの両方から、陸上自衛隊の89式小銃がラインナップされています。
 リトルアーモリーは、本物と同じ様な分割で部品が作られているもので、個人的にはレイルシステムを左右に割るように分割線が来ていたりして合わせ目けしがむつかしい面があるものの、おおむね出来はよく商品の種類も多いというシリーズです。MP−5、はよ!
 プラッツは、ハンドガン数種を一パッケージにしたものを発売していて、こちらはスライド金型の一発抜きで銃口まで穴が開いている完成品です。パーティングラインを消してやり後は色塗りだけという手間いらず、精密さもトミーテックと並びます。89式小銃は他の二種の長物とのセット、三丁で一パッケージの製品となるようです。
 そんなわけで、1:12スケールの国産アサルトライフルの分野で、二社の直接対決と相成りそうです。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

低気圧の影響

 今夜は眠すぎて頭痛がする感じだが、頭痛いのは低気圧の影響かもしれない。
 歳を食ってくると、不具合の原因が一つに絞れなくなってくるな。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする