2016年04月15日

1:12、89式小銃対決

 模型店さんのメルマガを見ていたら、トミーテックのリトルアーモリーとプラッツの両方から、陸上自衛隊の89式小銃がラインナップされています。
 リトルアーモリーは、本物と同じ様な分割で部品が作られているもので、個人的にはレイルシステムを左右に割るように分割線が来ていたりして合わせ目けしがむつかしい面があるものの、おおむね出来はよく商品の種類も多いというシリーズです。MP−5、はよ!
 プラッツは、ハンドガン数種を一パッケージにしたものを発売していて、こちらはスライド金型の一発抜きで銃口まで穴が開いている完成品です。パーティングラインを消してやり後は色塗りだけという手間いらず、精密さもトミーテックと並びます。89式小銃は他の二種の長物とのセット、三丁で一パッケージの製品となるようです。
 そんなわけで、1:12スケールの国産アサルトライフルの分野で、二社の直接対決と相成りそうです。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする