2016年07月22日

エスコン復帰の理由

 今日は、ちょっと仮眠のつもりで横になったら、えらい時間眠ってしまった。久しぶりに涼しく、心地よかったからだろう。
 深夜アニメの録画を観ていると、頻繁に「編隊少女」というスマホゲーのCMが流れる。気になったが、スマホゲーだと自分で操縦できないのだろう、と判断し、いっそのこと自分で操縦するゲームをしようと思って、模型をさぼりPS2の「エースコンバット・ゼロ」を久々にプレイ。人生、何がきっかけで始めるのかわからない。

 航空ファン誌で、先日起こったとされる自衛隊機と中国軍機の空中戦事案の記事を読む。
 この件、あまり世間では取り上げられているようには思えないが、那覇にいる航空自衛隊第九航空団の所属機が部隊マークを色つきから濃紺のグレーへと変えて目立たないようにしたし、アツギにいるアメリカ海軍の空母搭載部隊ではフルカラーだった隊長機がやはり目立たない通常塗装へ変えられたりして、見た目にわかりやすい程度にまで戦闘を意識し始めている。訓練や内部に関してはいかほどだろうか。
 戦闘近しか? というこの手の話題、今のところマニアにしか共有されていない。マニアではない一般の方々にとって、戦闘が勃発した時にはいきなり自体がエスカレートしたように思えるのだろうか。兆しは既に見えているのだが。
 紛争当事者というのは、こんな感じなのだろうか。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする