2016年10月20日

芸のある仮名

 今日は昼過ぎに腹痛。解消したのは三時ごろで、ようやく海読書に出かける。
 持っていったのは「阿房列車」第二巻。ラスト近くで「奇石」氏という人物が出てきて、思わず週明けにたわわな作者の名前を思い浮かべてしまった。
 阿房列車の著者、内田百關謳カは、仮名を付ける際に一ひねり加える方で、例えば列車に乗りたいから用事がないけど旅に出るという「阿房列車」の相方として旅を共にする、国鉄職員の平山三郎氏の事を「ヒマラヤ山系」氏と呼ぶ。単純に某氏とは書かず、甘木氏と言う。縦書きの原稿用紙に書くから、甘木というのは某を分けて書いたものだ。そんな、アナグラムだったりネットでも多用される文字の分かち書きのようなものだったり、読んでいて楽しい仮名が多いのも、内田百闔≠フ本にはまった理由の一つだったりする。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

寝不足の仮眠

 ここのところ、睡眠時間を削って生活していたのだけれど、今日はさすがに眠くなって仮眠を取る。
 しかし、気がつくと仮眠どころの時間ではなく、一日が終わってしまった。睡眠時間はきちんと取らないと、逆に時間を無駄にしてしまいますね。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

暑いと眠い海読書

 病院は午前中に済ませ、午後は海読書。ただこの暑さが妙に心地よく、非常に眠くなる。屋内だったら、寝落ちしていそう。
 猫のところでまた蚊に刺される。まだいるんですね、この時期に。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨休み

 今日は、録画しっぱなしだったHDDの中身をダビングする。たっぷり数時間かかる。普段からやってないとダメだぁ。
 明日は病院へ行く。時間があれば江の島まで往復で走ってきたい。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

悪夢の中に天然少女

 録画しておいたアニメを少しずつ見ています。その中で気になっているのはアニメ「フリップフラッパーズ」。
 どうしてこういう事を思いつけるのか、という不思議な空間を作っていて面白いです。
 この不思議空間は、犬カレーさんのようにデザインで産み出したものではなく、物体の形が不思議になっているところが個人的なツボでした。何らかの理屈に基づいていそうでありながら、その理屈がわからないという点で、夢の中みたいな感覚がありました。
 どうしてこんな事を考えたかというと、今、古書店で内田百關謳カの本を漁っているからだと思います。短編小説には、話の辻褄や主人公の感情が悪夢の中でのように取り留めのないものが多く、それゆえに「夢を描いた小説」と評されることもあります。
 その取り留めの無さ、しかしどこかに理屈が通っていそうな悪夢のような世界。漁り始めてしまった内田百闕品と、このアニメの不思議空間が、妙に似通っているようで琴線に触れました。
 この、悪夢的な世界観では、他にも「女子攻兵」がありましたね。他にも、書棚を眺めればいくつか出てきそうですが、私はこういうものがたまらなく好きなんでしょうね。
 フリップフラッパーズの方は、悪夢の中を彷徨うストーリーにも関わらず明るいのは、主人公に付きまとって冒険に誘うキャラが、とにかく明るいからでしょうね。キャラクターデザインというのが如何に物語の方向性に関わっているかという話です。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする