2017年02月12日

けものフレンズを観ながら資料読み

 今日は、一部で話題のけものフレンズを流しながら俳句の本を読了。参考の本に移る。けものフレンズは、私もどこがどう受けたのかわからないけど、独特の世界観があるのはわかる。本編が終わった後、エンディングに入った瞬間がとても顕著。深夜アニメチックな曲が流れた途端にその場違い感が湧く。その刹那、自分の観ていたものがいかに普通でないのか思い知らされる気がする。同人の世界から石ダテコー太郎監督の「てさ部」でテレビアニメ界へ進出、という経歴のたつきさんの才能かも知れないなぁ、と考えてみた。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする