2017年02月24日

物が手に入らない

 1:12のMP−5SD6が発売されたそう。一番好きなサブマシンガンなので、いずれ買いに行こうと思うのだけれど、さて、どこで売ってるだろう。
 横浜も模型専門店がことごとく潰れて、量販店しか残ってない。そういう店はニッチな層向けの商品は置いてないことが多いから、1:12の銃プラモなんてあるかどうかわかんない。模型専門店があるのは、東海道線では行かれない横浜市北部とか、相模原、町田。同じくらい時間をかければ東京へも行ける。なら東京へ出た方がいい。秋葉原へ行けば、どこかの店に置いてある(ボークスかイエローサブマリンには確実にある)。
 しかし、2000円もしない物を買いに、50キロかなたへ行くなんて。物が簡単に手に入らない時代になった気がする。え? ネット通販で買えばいいって? そりゃあそうなんだけど。馴染みの店を作ったり、普段買わない物のある棚を巡って面白い物を見つけたり、リアル店舗に入り浸る楽しみっていうのを知っているので、ネット通販だといまいち味気なく感じてしまって。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲報、16巻と21巻が見つからない

 なぜか読みたくなって書棚から引っ張り出してるエリア88ですが、全23巻のところ、16巻と21巻が見つかりません。特に21巻はいいところなのに。
 大人になって改めて読むと、いろんなところに目を配られている作品で、面白いですね。世界の命運をかけて戦うという内容の作品は、やっぱり冷戦という時代背景が無いと描きにくい(というか、読者にとってリアリティや切迫感を感じられない)のでしょうか。二十年後とかには、「世界の平和をかけて戦えよ。いつまでもたった一人の内面を救うためだけの闘いとかしてないでさ」などと愚痴を言うと、「これだから昭和生まれは」とか老害認定されるようになるんでしょうね。そんな未来が見てみたい。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする