2017年08月16日

それは戦争ではないのか?

 甥っ子sが来茅。なんかゲームに夢中になってる。そうか、ネットやゲーム機のが面白いか。
 NHKで四日連続の戦争特集。ちらっと見たら、反戦なのは構わないけども、いちいち非難がましい。
 終戦後に樺太に攻め込んだソ連軍と日本軍が戦ったという番組があった。日本がポツダム宣言受諾をした後に、ソ連軍が艦砲射撃をしながら上陸してきて、日本軍が迎え撃って戦闘になったという話。NHKはこれを、日本軍がソ連と無駄に戦闘を起こしたので、被害者が増えたという風に言っていた。
 だが、ちょっと待ってほしい。最初に艦砲射撃をして停戦合意を反故にしたのは、ソ連側の方じゃないか。停戦合意は双方が共に武器を収めるという話であって、片方が撃ってきたら停戦合意にならない。戦闘になるのは当然だ。それに、撃ってくるということは民間人に対して安全が保障されないということだから、日本軍の戦闘行為は現地の民間人を守る意味もある。日本軍が無抵抗でいたとして、当時の樺太の日本人が無事だったかどうかわからない。
 どうもNHKの番組製作者は、日本が攻撃されても反撃しなければ戦争ではない、と考えている節が見て取れる。樺太では、ソ連側が艦砲射撃した時点で戦闘・戦争は起こっていると私は解釈するけれど、そうではないらしい。
 同じロジックを、例えば尖閣諸島あたりに適応すると、中国軍が上陸して占領しても、日本側が奪還に動かなければ戦争ではない、戦争にならないのだ、となる。NHKはひょっとして、尖閣諸島でそのような事態が起こった場合、自衛隊が奪還をしかけなければ戦争にはならない、尖閣諸島を中国が占領したこと自体は戦争ではない、なんて報道するつもりなんだろうか。今でも、無人島なんか中国にくれてやれ、なんて言う人間がテレビにごまんと出演しているわけだし、いわゆるコメンテーターにそういうことを言わせたりするのはありそう。
 戦争になってはならない。戦争反対。政府は自衛隊を出すな。尖閣諸島は中国にくれてやれ。
 尖閣諸島なんか取られた日には、中東やヨーロッパからの海上ルートの柔らかい横っ腹が中国海軍に食らいつかれたわけだから、中国国内で内政が悪化したりしたら、いつぞやの反日デモやレアメタル禁輸したときの代わりに、日本のシーレーン封鎖とかやってくるぞ。そうなったら、石油の輸入は大回りルートになって価格が高騰、物流を自動車に頼る日本社会はあらゆるものの値段が上昇、それが全く日本人の給与に反映されないから、悪質なスタグフレーションに陥るのは目に見えている。
 中国は理不尽な要求を日本政府にふっかけてきて、シーレーン封鎖を説いて欲しければ従えと突きつけてくる。その時にNHKは、金なりなんなりをさっさと渡して中国との関係を修復すべきとか報じるだろう。事態を招いたのは他ならぬNHK的な戦争のロジックなのに。
 自国の領土を他国に占領されてもよしとするのは、亡国のロジックだと思うんだけれど、番組を作ったスタッフは誰一人として内容に疑問は持たなかったのだろうか? 沖合から艦砲射撃をされても、戦争ではないと。
 ソ連側はどうか。彼らは戦争が終わったのは日本が降伏文書にサインした9月2日であり、それ以前の戦闘に問題は無いという立場だから(北方四島の占領はこういう主張で正当化している)、樺太で戦闘になったのも何の問題も無い、くらいは平気で言いそう。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:44| Comment(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茅ヶ崎には売ってない

 昨日、流し込み接着剤の蓋が開いていて中身が揮発していたことが判明。とりあえず、駅前のヤマダイクマやイオンへ行ってみたが、売っていなかった。雨で自転車が使えない。しばらく買えないのかな? 模型はほとんど完成しているのだが。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする