2010年04月13日

「架空のゲーム企画」こんなフライトシューティングがやりたい! その5

 今日は本の再読や、ゲームに明け暮れてみる。過日、家人からドラクエ9を譲ってもらったので、やっている。キャラメイクに凝ったのだけれど、主人公よりも脇役として作った僧侶役の女の子が気に入ってしまった(ちなみに褐色美少女)。まあ、脇役が好きになるのは昔からの事。

 架空のゲーム「シルバーウィングス・オブ・ザ・サン」略して「SOS」の企画案です。間が開いてしまったので、熱が少し冷めたのと同時に、ちょっと客観的に眺めていたりもします。

 「SOS」はまず、いくつかのTACネーム(航空自衛隊のパイロットが使う、自分を示すコールサイン)から自分の使いたい物を選び、コックピットの脇に記入されるパーソナルマーク(これは、現実の航空自衛隊にはありません)を選択することから始まります。
 TACネームは、ゲーム中に無線で呼ばれることになります。
 ゲームのプレイの仕方は二つ。
 ストーリーに沿って様々なミッションを進めていく「キャンペーンモード」と、
 クリア済みのミッションを選択してプレイできる「リアリスティックバトルモード」です。
 戦闘に入るまでの流れは同じです。まず、主人公のクリア条件が説明される「ブリーフィング」が行われます。目標は、ミッションごとに「対空ミッション」か「対地ミッション」に別れています。そして、ミッションには固有の「出撃回数」が定められています。プレイヤーは、出撃回数の範囲内で、様々な機体を用いて戦場の敵を撃破していきます。ただし、出撃回数を残してミッションをクリアすると、ボーナスポイントが加算されます。また、ミッションによっては、規定の出撃回数内でクリアすると、特別な機体が使える様になります。
 ブリーフィングが終わると、使用する機体を選んで出撃します。
 戦闘は、ミッションマップの端からスタートされます。基本的に、マップの端にある特定エリアへ辿り着くと、プレイヤーは基地に帰還したとみなされて、出撃回数を消費します。陸上基地の場合、特定エリアは目標から遠い位置に置かれますが、ミッションによっては空母から出撃した場合は特定エリアが目標から近い位置に置かれます。プレイヤーは、ミッションによっては艦載機を選択して、目標との往復に使う燃料を節約することができます。
 上記の「対空ミッション」では、敵の航空機が目標になります。ある特定の複数・単数の敵機を撃墜すると、クリアとみなされます。「対地ミッション」では、敵の地上目標、車輌や基地の施設が目標となります。
 こうした目標は、レーダー上では特別なマークで示されます。レーダースクリーンで示されるマップでは、目標位置のだいたいの場所が示されます。プレイヤーは、マップに記されている位置へ辿り着き、レーダーで直接、目標を捕捉する必要があります。ミッションによっては、動き回る車輌や航空機を見つけ出して攻撃しなくてはなりません。
 目標を撃破するとミッション終了となりますが、目標を撃破できない場合は、燃料が残っている内に特定エリアへ帰還しなければなりません。撃墜される場合と同様に、燃料切れによる墜落はゲームオーバーになります。
 ミッションクリア、または出撃回数を消費し帰還すると、撃破した目標ごとに得点が加算されます。得点によっては、特別な機体がもらえる事があります。そして、次のミッションか次の出撃へと向かいます。

「リアリスティックバトルモード」は、クリアしたミッションを再プレイできるものですが、このモードでは敵の動きが変わります。キャンペーンモードの場合は、プレイヤーが攻略を容易にするために、敵の動きが決まっていますが、この「リアリスティックバトルモード」では戦場の状況に合わせて敵の動きが変わります(元ネタはPCのフライトシミュレイター「FALCON」シリーズ)。
 敵は、プレイヤー側の車輌や航空機の動きに合わせて、戦場で戦いを繰り広げています。プレイヤーは、この敵の動きに合わせて臨機応変に対応しなければなりません。敵は、プレイヤーの機体を迎え撃ち、または仲間と協力して反撃を試みます。
 これが、モード名の「リアリスティックバトル」の意味で、このゲームの売りの一つとなります。同じミッションでも、プレイの仕方によって状況が毎回変わりますので、プレイヤーはより高度なプレイを求められる様になります。また、キャンペーンモードと同じクリア条件を満たすと、特殊な機体を入手できます。キャンペーンモードで特殊機体を取り損ねていた場合、この「リアリスティックバトルモード」で入手してキャンペーンモードで使用する事が可能です。

 というあたりで、今日はおしまい。
タグ:SOS
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 架空ゲームの企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146374022

この記事へのトラックバック