2014年08月21日

マンガ版「新世界より」第七巻(最終巻)感想

 ここのところ寝不足だったので、今日は休息。めちゃくちゃ暑い。こういう日こそ海辺は気持ちいいのだけれど。

 実は、マンガ版「新世界より」の著者がツイッターでちらっと「雑誌の原稿料が少なくて赤字」という情報を呟いていたので(twitterの方は消されているのでまとめ記事ですが:http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-24539.html#more)、単行本が出たらそっこーで買わなくてはと思っていました。
 甥っ子が来ていたのですっかり忘れていたわけですが。
 そんなわけで、ようやく読み終わったので感想をば。
 エロいと話題だったマンガ版も、さすがに最終巻ではお色気はないだろう、と思いきや、一ページ分だけありましたよ。内容は前巻からずっとクライマックスなので、無くても充分に面白いのですが、こういう隙間のサービスはとても嬉しい。
 ストーリーは原作もあり、アニメも完結しているので触れないことにして、マンガならではの要素として個人的には主人公の渡辺 早季ちゃんの私服が素晴らしかったことを強く推したいと思います。
 今、本棚から引っ張り出して眺めてますが、一巻の表紙で胸の谷間が強調されている私服は、股上の浅さもものすごく、ただ立っているシーンだけでも妙に色っぽく見えます。原作からストーリーを大きく外すことができないコミカライズにおいて、画をみるだけで楽しめるようにする方向性は正しいと思います。お色気や残虐なシーンはアニメにできない分、マンガで絵にするというサービスは、アニメを全話観たあとでも先が気させてくれました。今のアニメは、そういう意味では残酷なできごとの起こりにくい、いわばおとぎの世界みたいに見えるのですが、まあこれはアニメ制作会社の問題ではなく日本社会全体に関わるものなのでこれ以上は突っ込みません。
 私服の話に戻しますと、4巻で26歳になった主人公は、しばらく和服姿になってしまいます。話の展開的に仕方なく、お色気は扉ページのみになってしまいますが、5巻の終わりで再び私服に戻ります。26歳の早季ちゃんの私服も方向的に1巻の小学生時のものを引き継ぎ、谷間と股上が強調された素晴らしいものになります。
 そして7巻ではシーンが切り替わり、町を取り戻す作戦が行われますが、そのわずかなページで描かれる早季さんの私服が、これまたすごい。一言で言えば「横乳」です。
 その後は、基本は和装になります。町の実力者ですからね。控えなければなりません。そうした事情は、銅像として讃えられた東京大決戦と題された彫刻によって如実に語られています。谷間と股上が強調されていた私服姿が、その下にシャツを着せることによってお色気が封じられているのです。
 マンガ版の作中世界においても、権力者がエロくちゃいけないんですね。わかります。

 とまあ、マンガならではの楽しみがあった主人公の私服姿でしたが、もう一つ忘れてはならないオリジナル要素が「おだぶつ!! ゆう麗子ちゃん」。基本的に厳しい展開の続く本編と打って変わって、死んでしまった魅力的なキャラクターのやりとりが楽しく幸せそうで、単行本の末尾で癒されました。
 特にこの最終7巻。不幸な死に方をしたキャラクターたちが最後に出会って交わされた会話が、全てを救ってくれたようで、マンガ版を読み続けてきてよかったと感じさせていただきました。
 マンガ版「新世界より」に関わられたみなさまへ、感謝を申し上げます。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404069228

この記事へのトラックバック