2016年12月31日

ごめんなさい観ちゃいました

 ツイッター上で大地丙太郎監督が「見るな、録画もせんでええ!」と仰っていた謎のアニメ「6HP」ですが、良くても糞でも変なものなら観たいと思い、つい観てしまいました。
 内容について特に語ることのできる部分も無いのですが、この一時間は完全に村上隆氏の宣伝番組でしたね。
 後半は謝罪と言いながら、こんなに頑張って作った、苦労して作ったという自画自賛、芸術家にとっては挫折や失敗は飯のタネえすからね。普通のテレビアニメなら、職人の仕事なので失敗は単なる汚辱なんですが、芸術家は汚辱こそがネタになるんです。小説家が訴訟を起こされるのは、身近な人間の汚辱を本にするからです。
 で、特にスポンサーがいるわけでもなし、プロデューサーがいるわけでもない。監督という名の芸術家が、自分の納得のいくまで手を入れ続ける、だからいつまで経っても完成しない。身につまされる話なのですが、ご本人が謝罪の初めに言っている、同人誌のようなアニメというのは正にこれで、要するに納期と商売相手が存在していないんですね。
 とりあえずアニメが三十分完成して、お披露目がしたい。ついでに自分を宣伝したい。お金はある(アニメーターの給料は、多分この人が自腹で出している)。じゃあ、東京MXの番組枠を買って、流してしまおう。こんな事だろうと思います。
 東京MXでは、以前にも苫米地英人氏が「苫米地ブレイン」という番組で「自分が番組枠を買っているのでスポンサーがいない。だからタブーが無いんです」というのをやっていたので、前例があります。まあ、お金持ちなら好きにできるってことでしょうね。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445395144

この記事へのトラックバック