2017年04月19日

フィッシュベット号、ご臨終

 先日、ブレーキワイヤーが切れて修理に出した自転車「フィッシュベット」号。どこもボロボロでもう片方のブレーキもタイヤもスポークももたないと告げられる。フレーム残して全取り換えのようなものなので、買い替えた方がいいという。寿命がきたのである。
 思えば、全部コミコミで二万円という超格安な七段ギアマシンだった。夏場にはほぼ毎日海辺を走り、アツギへ往復し、無茶な一人旅に付き合ってくれた。廉価だが性能はそこそこという、MiG−21みたいな自転車という意味で「フィッシュベット」と名付けたけれど、値段が安いだけあって急速に消耗していたのだ。
 今までありがとう。だがもう一回だけ付き合ってくれ。
 というわけで、風が収まるのを待って明後日あたりにアツギへ行きたいと思います。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック