2018年07月20日

フライングカラー・セレクションの新作はF−106

 今日はアレルギーの病院の日。切られて抗生物質を処方される。猫を撫でてから帰宅。
 模型店のメルマガより、F−Toysのフライングカラー・セレクションの新作情報がありました。F−106でデカールは三種類。106は、就役期間を通して塗装が変わらなかったので、塗装を愉しむことはできませんね。102ならベトナム塗装があるんですが。F−15からは滅多に行わなくなった派手な特別塗装を施した機種ではあります。
 他のデルタ翼機と並べてみると楽しめると思います。以前、102を他のデルタ翼機と並べましたが、102のデカさに驚いたもンです。食玩だと、ミラージュ2000やドラケン、プラモを入れるとF−102とクフィル、ガレージキットならそこにミラージュVやビゲンが入りますか。機体の規模や各所の工夫を比較してみるのは、第二次大戦機を並べるのと同じ種類の楽しみでしょうね。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:18| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

コトブキヤから1:144 XFA−27出る

 今日は、雨が降る前にとらのあなその他へ買い物に行ってくる。そして、ちょっとだけ海読書。湿度が高いけれど、風が強くて涼しい、まぁまぁな陽気の日だった。
 模型店さんのメルマガより。コトブキヤから、エースコンバットのXFA−27が出るそう。ゲーム中色つきの彩色版と、プラモデラーのための無彩色版(ちょっと安い)の二種類。
 空ものキットメーカーではないコトブキヤですが、仮に多少の不満があっても、プラキットなので自分で薄々攻撃をすればよろし。今までガレージキットしか無かったエスコンの機体が、プラスチックキットとして出るのは嬉しいです。
 にしても、ミサイルの搭載の仕方を見ると、まるでステルス版F−14に見えます。今だったら、F−22とかの半メタルグレイみたいな塗装で楽しみたいところ。サイレント・イーグルみたいに、主翼の下に後付けウェポンベイでもくっつけて、完全なステルスモードと洒落込んでも面白いと思います。妄想が捗る機体ですね。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:52| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

ウィングキット・コレクションの新作VS9は、二式単戦とP−40

 悲報。首を痛めた。
 デジャヴを感じましょうが、今日のお昼頃、肩が凝ったと思って首をぐるぐると回した時に、痛みを感じました。そのまま酷くなって、左肩から首筋がこの前の様に激痛が走るようになりました。晴れたのに鉄読書に行けませんでした。

 エフトイズの食玩新作は、鍾馗U型丙とP−40Nとのこと。二式単戦は、フジミのしか持っていないので個人的にはウレシイデス。P−40は緒戦に南方で日本軍と戦った機体が中心になるのでしょうか(実はよくわかっていない)。鍾馗は地味な感じがするけれど、陸軍の戦闘機は海軍の濃緑色一辺倒とは違って塗色のバリエーションが豊富だから、見た目は派手になりましょう。MYKさんからデカールが出れば、好きな色の機体を作り放題できるんで、期待。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:25| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

フライングカラー・セレクション新作はハリアー

 今日も鉄読書。外だと、眠くても寝ずに読めるからありがたい。ほとんど自動的に本を読む。読書マシーン状態。下り貨物列車が遅れていたらしく、いつもより遅い時間に桃太郎の引く列車を見た。
 エフトイズの金型を使ったプラッツの元食玩キット、新作はハリアーとのこと(模型店のメルマガより)。Revellのキットに無いイギリスのGR.9仕様が作れるのが嬉しい。アメリカのハリアーUは、現用のダークグレイ迷彩が作れるといいのだけれど、メルマガの時点ではそこまでの情報は出ず。続報に期待。
 かつて、アルジャーノン・プロダクトさんが自社の食玩に使える別売りデカールを出してましたね。買っておけばよかった。ハリアーも、スナイパーやライトニングといったターゲティング・ポッドを搭載してLGBを運用するのが当たり前になったけど、キットには大概付いていないし、別売りの武器セットも廃版になって市場に出回らなくなって久しいので、こうした吊るしものの調達が大変そう。これは近年の現用機全般に言えることだけど。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:31| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

悲報:バリッと逝く

 食玩のリペイントをしていて、胴体をくっつけた後にすり合わせのためキャノピーをはめたところ、バリッと胴体が左右に剥がれてしまった。接着剤が無くても嵌るように、きつめに作られているようだけれど、リペイントのために接着して段差埋めをするような作り方だと支障がありますね。
 というか、プラモデル以外のもの(塗装済み食玩のリペイントや、ガレージキットのレジンキットなど)を作る時に、時々以前の失敗を忘れて同じミスをすることがままある。ここにこうして書いておくと、忘れづらいと思うので残しておく。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:21| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする