2017年12月30日

AFVクラブから、SH−3とF4Uコルセア

 ユーフォニアムに宝石の国。黒沢ともよさんはいいなぁ。
 模型店さんのメルマガより。AFVクラブから、SH−3シーキングとF4Uコルセアの1:144模型が出るようです。二機セット。
 コルセアは非常に嬉しい。ABSじゃなくてプラスチックで作れるのは大きい。シーキングは何のデカールが付くんでしょう。SWEETさんのキットに付くのとは別のだとありがたい。武装なりホイストなり、機内にアクセサリーが付いたりするともっと嬉しい。とにかく気になるキットです。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:08| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

マーク1モデルさんのハンター発売

 遠征後なので休んで過ごす。夕方に猫と遊ぶ。会うのが五日ぶりくらいなので、抜け毛がものすごく舞い上がった。
 マーク1モデルの、Revellキットと一部機種の独自部品を使ったホーカー・ハンター四機種が発売された模様。中々マイナーな採用国のデカールもあって、魅力的です。世界の傑作機でも買ってきて勉強しようかな?
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:36| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

模型パワーを探して〜第26回Project144秋の合同展@浅草橋へ行ってくる

 昨日は髪を切りに近所へ。クソ寒い一日だったので、帰ってからは一番あったかい上着を着て過ごす。慣れるまで上着のフードを被ったら、寝癖がついた。

 本日は、このところずっと作れていない模型のパワーを浴びに、浅草橋へ湧く。模型店にも行っていないので、模型の完成品自体を(自分の物以外は)目にしていない。思えば、模型店の展示コーナーは大きな販促の意味がありそう。人さまが完成させたあれこれは、作り慣れている目が見ると、頭の中で作者の制作ぶりを疑似体験できて、模型脳が目覚める気がする。個人的に、模型は一度作り始めると、惰性で手が動くもの。疑似体験ででも体感できれば、何か作りたくなる。
 そういうわけで、今は何を作ろうかとワクワクしながら積みプラモ(新製品の出ていないインジェクションキットはわずかで、食玩やガレキが中心)を眺めている段階である。
 お隣さんの展示会も含めて、ほんとうに素晴らしいパワーを受け取りました。普段は作らない種類の模型を浴びて、別のブブンの脳味噌がだいぶ活性化された感じです。
 デカールを中心に物販で買い物し、秋葉原でもデカールとリサイクルショップでスピットのPR.]\をゲットして帰宅。
 さぁ、今度は下手こいて蒸発させてしまったIPAを買ってこなきゃいけないんだが……財布の中は空っぽになったな。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:06| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

Revell 144のハンターが他社でバリエーション化

 今日は別のところのカレーを食べる。揚げたてメンチを乗せたメンチカツカレー。甘めのカレーとメンチが合って、歯ごたえのあるカツを乗せたカツカレーとは違う感じの一体感が初めて感じる旨さでした。

 模型店のメルマガより。マーク・ワンさまからRevellのハンターのキットを使った新製品が出るようです。
 単座型はRevellのキットそのものに新しいデカールが付くそうですが、同時に偵察型と複座型が発売。そちらには新しい部品が付くようです。かなり珍しい展開ですね。これはありがたい。
 そういえば、他にもバリエーション化してほしい製品があるなぁ、などと欲を出してしまいますが、同じ欧州内だからこそできるコラボレーションのような気もします。F−TOYSの食玩をプラモデル化するプラッツさんがこれに近いのかな。

 あと、ついでに。
 マックスファクトリーから出る1:20のホンダ耕耘機F90。転がす女の子のフィギュア付き。
 こういうのも面白いですね。欲しい。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:34| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

フライングカラー・セレクションの新作はRF−4JとA−26C

 昨日、今日と海読書。今日は風が強くて気持ちよかった。

 プラッツの、エフトイズ食玩の金型を使ったプラモデルの新作が、RF−4JとA−26C(元B−26)として出るようです(模型店のメルマガより)。少し前にショートノーズのファントムが出たシリーズですが、今度は偵察型。ファントムに関しては、大雑把に分けた三タイプ(ショートノーズ、ロングノーズ、偵察タイプ)の全てが出たことになります。これは嬉しい。
 A−26のような、第二次大戦からベトナム戦争初期にまで使われたような機体の場合、塗装を変えてがらりと雰囲気の違うものを作って並べられるのがいいですね。食玩の様な限られたバリエーションを集めるより、自分でプラモとして作った方が(個人的には)面白いチョイスだと思います。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:43| Comment(0) | 1:144模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする