2016年04月25日

たまにはアニメの話でも

 ドラマ「昼のセント酒」を録画溜めしておいて観ていく作業を始める。五郎さんは心の中で呟くタイプだったが、こちらの主人公は割と口に出すタイプのよう。

 今季のアニメは、割と楽しめているのですが、ネットで話題を見るとみなさん結構不満を言葉にしているようで。自分の中にある「架空の理想のアニメ」と比べて、それに劣っている部分を抜き出して批判しているように見えます。
 しかし、自分にぴったりとはまる、理想の様なアニメなど、十年に一本あるかないかというくらいでしか作られていないのではありませんか?
 そもそも各人にとっての理想は、それぞれバラバラなのです。ネットでまとめて読むと、全体として何か理想の形のアニメがあるように感じられますが、錯覚です。統一されていない基準でものが語られているので、一つ一つの言葉が指す意味が異なってきます。これがよかった、あれがいけなかったと語られる言葉のひとつびとつ、どの部分がどのようによかったのか、どうすれば自分の好みになったのか、そしてその好みとはどのようなニュアンスを持ったものなのか、そこに非常に大きな幅が生まれます。こうした言葉の曖昧さは何もネットに限られた話ではなく、面と向かって話し合う二人の人間の間でも起こり得ます。言葉ってむつかしいですね。
 私個人の話をしますと、小説で好きな物を探す場合、月に何百冊と出る新刊本には脇目も振らず、古書店へ入り浸ります。新刊が一月に何百冊と出るなら、過去にはそれよりもっと膨大な、何百冊×何百カ月という気の遠くなるような数の書籍があります。自分の好きな本がある一定の確率で存在するとなると、せいぜい直近の数か月分しかない書店よりも古書店に行った方が、本の出版期間が広い分、見つかりやすいというものです。
 実感として、本当に自分のためにあるような本、というものと出会うことなどそうあるものではないのですから、少々のハズレくらいなら目くじらを立てる必要などないというもの。
 放送中のアニメというのも、新刊本のようなもので、いくら放映数が多くても好みにぴったり合うようなものなどそうはありません。大衆娯楽なのですから、様々なニーズに応えられるよう、多様な要素を取り入れて作られますが、相反するような要素も同時に満たされるよう制作されることもあり、そうした場合は要素の一つずつが薄まりマニアックさの度合いが下がります。専門性が低くなるとも言い替えられましょう。それは視聴者の不満にもつながりますが、より多くの視聴者に受け入れられるためには必要なことと判断されたことなのです。そうした制作姿勢は、アニメが大衆娯楽である間は変わらないでしょう。様々な妥協が加えられるのは仕方のないことなのです。
 ただ、時には何を考えているのか、とてもマニアックなアニメが放映されることもあります。その方向性によっては、ある一部の視聴者、例えば私やあなたの琴線に触れるやも知れません。
 そうした「私のためにあるようなアニメ」に出会える日を楽しみにしつつ、ちょっと不満はあれど多種多様で、それでいて変わらないアニメ作品の群れを見続ける。そういった視聴姿勢があってもいいのではないか。言葉と言葉の齟齬が日々生み出される世界の片隅で、そんなことを主張してみたいと思います。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

アニメ「俺物語」のエンディングが好きだった

 今日も投稿小説。
 色々とアニメの最終回がやっていますが、話題になっているものを避けると、個人的には「俺物語」のエンディングアニメーションが好きでした。
 ヒロインの女の子の動きも妙にリアルな感じでしたが、圧倒されたのは最後の最後、主人公がふと走り出すシーン。駆け出す瞬間に、顎が振れるところを見た瞬間、膝を打つ感じでした。そうだ、走り出す時ってこういう風になるなる。
 動きの凄いアニメっていうのは、こういうことなんだと思い知りました。アニメっていいなぁ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

アニメを観てマクドナルドを想う

 今、「アイドルマスター シンデレラガールズ」第十六話を観終わったところですが、真っ先に「マクドナルド」という言葉が浮かびました。原田時代に忸怩たる思いをしていた社員もいたんだろう。今や凋落の道へと転がり落ちる日本マクドナルド。
 346プロが目指す道ってのは、あえて言えば反AKB路線であって、それはそれで面白いんじゃないかとは思いますが、そいつは余所の会社を改変するんじゃなく自分で一からブランドを作っていくべきなんじゃ、とも、アイドルに全く興味の無い男が申してみます。まぁブランドを駄目にした事例ってそこここにありそうなもの。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

アニメ版「干物妹! うまるちゃん」第一話を観た

 さて、ネットで面白いと話題になったマンガ第一巻を探しに走り、思わぬところでゲットしてから幾星霜。ついにアニメが始まりました、うまるちゃん。感動した余韻のままにだらだらと感想を言いますと……

 干物モードのうまるちゃんの等身は、最新刊よりも若干高めなんですね。第一巻寄り。個人的には、どんどん等身が低くなっていく絵柄の変化が干物妹の小動物化に一役買っていると感じているんですが、アニメだと如何に?
 うまるちゃんが兄の家に来た当初の姿が出たり、要所要所で時間を埋めるのも兼ねて補完されている部分があるのが嬉しいところ。声も癖のある感じの声優さんを使っているのがとてもよい。
 放送予定では、マンガよりも早い段階で他のキャラが出てくる模様。ということは、そのキャラに合わせたうまるの新キャラ化も出てくる。私が好きなのはきりえちゃんの時になる師匠だけれど、それはともかく増えていくうまるちゃんキャラの魅力がどう動くのか楽しみ。
 ネットで連載されているうまるちゃんSがCMでアニメになっているのが一番のサプライズ。まさかこれが観られるとは思わなかった。
 うまるちゃんでは、あちこちに何らかの伏線が仕込まれて少しずつフラグを立てていってるんですが、これがアニメではどういう扱いになるのか今後に注目。
 と、そんな感じで二回目の視聴を録画で見ながらの感想でした。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

アニメ「GATE〜」第二話を観て思い出した

 アニメでは禿鷲がいろいろ突いていましたが、かつてアイルランド詩につかわれていたケニングという代称を思い出しました。西暦1000年ごろに使われていたこの手法では、禿鷲という言葉を使う代わりに「血を好む白鳥」または「死者たちの雄鶏」と言ったそう。
 ちなみに「鷲どもの饗宴」は戦いの意味。「鴉どもの喜び」「鴉の嘴を赤くするもの」は戦士。「剣の織物」は死。「剣の会議」「剣の嵐」「槍の歌」などなどは戦いを意味します。
 鳥は実に中世らしい景色でした。
 でもあまり放ってくと、地球人に耐性の無い病原菌とかがパンデミックしそうで怖いですね。

 二話では、砲兵が大活躍で、実に正しい戦争をしていて満足です。怪獣映画だとたいてい、最前線に突っ立ってあっけなくやられる役ですが、本当はすごいんです。歩兵を運ぶ車輛が装甲化されたのは、移動中に砲撃や爆撃でやられるのを防ぐためで、最前線での防弾はそこまで考慮されてないとのこと。装甲があるのと無いのでは、戦場に着くまでの歩兵の損耗率に大きな違いがあるそうです。砲兵というのはそれだけ怖いのです。
 更に細かい話をすれば、敵に近い位置に着弾観測手が隠れていて、水平線の下に隠れて見えない目標への砲撃がきちんと命中するように指示を出しています。アニメを観る限り、そんなに遠い目標を攻撃しているようではないので、陣地の中から指示が出されているかもしれませんが。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする