2014年05月01日

「元気の出る俳句」(倉坂 鬼一郎 著 幻冬舎新書)読了

 投稿小説は、自分の書けることや書きたいことをまとめていかなければならないと感じているところ。書きたいと思うことのハードルばかり積み重ねていて、実際に書く文章がまったく思いつかないので、今までと違うアプローチをする必要性を感じている。

 少しずつ味読していた「元気の出る俳句」(倉坂 鬼一郎 著 幻冬舎新書)を読み終わりました。
 倉坂先生の俳句評は、古書店で少しずつ集めていた「幻想文学」誌にて知り、チョイスの面白さと評価軸が個人的なツボに入ったので、2012年に出版された一冊目の新書アンソロジー「怖い俳句」(幻冬舎新書)は大注目していました。
 その一冊目のアンソロジー「怖い俳句」は、読者が怖さを感じるであろう俳句をテーマに様々な俳句が紹介されていました。恐怖というのは、人間の精神、感情、つまり皮膚の内側に生じるものなので、怖い俳句を紹介していく文章も次第と人体の内側、裏側へと迫っていくものとなっていました。五感では決して捉えられない、本文から引用するなら「原形質のぶよぶよしたもの」にいかに迫れるか、具体的なテクニックや思考の方法などを解説しながら、読者の中にある恐怖という感情そのものへと迫っていくのが、「怖い俳句」でした。その典型なのが、阿部青鞋(あべせいあい)の項目だと思います。
 かわって二冊目のアンソロジー「元気が出る俳句」では、同じ感情でも元気が出るという複数の感情を伴うテーマです。人が元気になるには、何らかの働きかけがあったり、あるいは本人が五感から何らかの刺激を受けることになります。なので、本書では人間が皮膚で感じるもの、あるいは外部で生じたなにがしかの物事を詠んだ俳句を扱っています。「怖い俳句」では、人間の裏側へと迫るあまりに俳句から作者が徐々に消えていくのに対して、「元気が出る俳句」では作者やそこに詠まれた他者の存在が大きな比重を占めます。作者は何を見て好ましく思ったのか、また他者が喜び嬉しがっているのはなんのためか。人間が元気を得るためには、他者の幸せな様子を感じることが必要なのだと、本書を読んでいて思わされます。基本的にたった十七音の俳句ですが、それが人間の精神へと働きかけ、実際には自分以外の人間など目にしていないにも関わらず他者からの幸せを受け取り、自らの幸せとして生きるための糧とする。そのように考えてみると、言葉というのはすごいものです。

 ちなみに、俳句の中には「短夜や乳(ち)ぜり泣く児を須可捨焉乎(すてっちまをか)」(竹下しづの女 「怖い俳句」より)や「夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり」(三橋鷹女 「元気が出る俳句」より)といったどこか不健全なものもありますが、人が悩み落ち込み生きる力を失いかけている時には、知識人とやらが書く流行の啓発書や心理学本などより、不健全な俳句の方がよほど為になると思っていたりもします。
 だって、自分が他人に表立って言えないことを、堂々と俳句として発表されると、すかっとするでしょ?
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

「ガルパンの秘密」(ガルパン取材班 著 廣済堂出版)感想

 実は144 Su−27UBは完成してるんですが、疲れが残っているので次の機会に。

 時間が取れたので「ガルパンの秘密」を読みました。
 私も好きなので、アニメの裏側の話は色々と聞いていました。なので、知っている話もそこそこありましたが、その裏側にある理由や理屈までは知りませんでした。その辺りが丁寧にインタビューされていたので、読みごたえを感じました。取材班の方々、いい仕事です。
 一例を出すと、大洗の中でもアニメ側と早いうちにコミットしていたとんかつレストランの店長、常盤さん。大洗の方でアニメに協力をする時、初めのうちは少人数で活動していたことは知っていました。ただ、本書では新しい企画を立ち上げる際のコツとして、メンバー内に信頼関係や共通認識が必要な事、そのためには経験的に大勢人を集めるやり方では上手くいかないと思った事が書かれていて、とても納得できました。前職がマツダの営業であったとありましたが、そこでの氏の人柄や経験が、大洗でガルパンを広げるのに大いに役立ったであろうことが、読んでいてわかります。
 機械的に、組織を作って人を配すれば物事が上手くいくとは限らないのだな、と思いましたね。本書には他にも、人脈や伝手で辿り着いた人物の人生経験が、このアニメや聖地としての大洗が成功するカギになっていたことが載っています。もちろん、他にもそれらの人々に巻き込まれて仕事としてガルパンに関わった方々もいるのですが、その人々の判断や仕事が無ければガルパンの成功も無く、またそこから広がった人脈が更に成功へと導いた事例もあるので、特にこれといった特殊な人生を送っているわけではない一ファンとしても元気づけられます。
 自分の周囲にも、何か面白そうなことをしようとしている方がいたら、出来る限りの協力はしてみよう、と思わせてもらえる、面白い本でした。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

「提督」たちにお勧めの「撃沈戦記」(朝日ソノラマ)、ただし絶版

 古書店で見つけた「撃沈戦記」(永井 善之・木俣 滋郎 著 朝日ソノラマ新戦史シリーズ)を読みました。あったのは一巻、三巻、四巻と飛び飛びでしたが、それぞれの巻が第一次大戦から発行当時の現代戦(1988年初版発行)までの短編完結ものなので問題ありませんでした。
 内容は、前述の通り、第一次大戦から湾岸戦争前までの様々な海戦で沈没したりさせたりした軍艦を主題にした短編集です。私の様な、航空機から入門して空母ばかり追ってきた初心者には、時代ごとの海戦やその背景、戦った軍艦の履歴やその最後を学べる、楽しい本です。
 惜しむらくは、朝日ソノラマ新戦史シリーズは絶版になっているので、普通の書店では手に入らないこと。ただし、今はネットで古書が簡単に探せるので、資金に余裕があれば入手は難しくないのがいいところです。私は送料が惜しいので古書店で。
 というか、こういう本が実在すること(内容の硬軟を含めて)を知る機会がないので、古書店で見かけて流し読みをしてみなければなかなか入手には至らず、私にとっては実際に手に取ることのできないネットでの古書めぐりはあまり実りが少ないものなのですが。
 この記事が、流し読みの代わりになればと思っています。
 本書は、艦種が第二次大戦では消えてしまった巡洋戦艦や、第一次と第二次の大戦ではまったく異なる戦いを強いられたドイツ海軍、やはり時代が下るにつれて悲惨な最期を遂げることになる日本海軍の艦艇など、軍艦を巡る時代も読み取ることができる構成になっています。その辺りが、wikiなどネットで情報を追っているのと大きな違いです。船や戦闘の評価は、時代によって変わることがあるので、内容を咀嚼した上で最新の情報で上書きしていかなければ本当に「知った」ことにはならないのでしょうが、軍艦に興味を持ってそれがどんな戦いをしていたか知るには、本書のような内容や構成はうってつけだと思います。
 ってことで、「艦これ」で軍艦に興味を持った提督方にぜひお勧めします。
 最近だと、日本海軍の艦艇に的を絞った光人社版の「撃沈戦記」も出たので、とりあえず自分の使っている艦の来歴が知りたい方はそちらをあたってみるのもいいかも知れません。
 ただ、個人的には世界史や海戦史とも関連付けて学ぶことのできる、朝日ソノラマ版を強くお勧めします。内容が素晴らしいので、できれば同時に学べることが多い方がいいと思いますので。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

アニメイト限定版「殺人鬼教室 BAD」(倉坂 鬼一郎 著 TO文庫)を買ってくる

 筆記具がどこかにいってしまったので、投稿小説はそれを揃えることからスタート。

 クリアファイルを買い足しに行き、一緒にアニメイト限定版「殺人鬼教室 BAD」(倉坂 鬼一郎 著 TO文庫)を入手。まさかアニメイトで倉坂先生の本を買う日がくるとは思わなかった。エニックスから刊行された単行本の文庫化ということで、ゲームのエニックスならアニメイトの客層に受けるだろう、といった塩梅か?
 私みたいに、アニメイトに買い物に行く倉坂ファンがたくさんいることを願う。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

投稿小説家にとっての「戦争のリアル」(押井 守・岡部 いさく 著 エンターブレイン)という本

 今日は、改稿予定の短編を読み、長編の方向性を見直すべくネタ本として「戦争のリアル」(押井 守・岡部 いさく 著 エンターブレイン)を読む。
 この本は、戦争についての現実を語る本ではなく、日本人にとって戦争とはどういう風に捉えられているか、とか、アニメや漫画、小説の中で日本人がどういう感じで戦争を読み、また書いているのか、という「日本人の中のリアルな戦争、というものはどんな形をしているんだろうか」という抽象的なものを語ったもの。
 現実世界の戦争について知りたいというミリタリーマニアにとっては、肩透かしを食らう本だと思います。押井さんは、本気なのか冗談なのかわからないものを自衛隊に導入すべきだと語るし、割と主観的な兵器の見方をしているから。
 ただし、私の様に戦争をどういう風に読むべきか、書くべきかという課題を抱えている人間にとっては、かなり有益な本です。個人的な実益を上げると、例えばアニメの世界で語られる戦争が、なぜマニアな部分に響いてこないのか、作り物めいているのかは、この本でかなり明らかになったと思う。
 あと、小林源文さんの漫画で例えると、自衛隊は「バトルオーバー北海道」な戦争をしようとしているけれど、実際に戦いが起こったら「レイド・オン・東京」な感じになるしかないよね、と結論できたり。

 個々の兵器に関して言えば、89式小銃についての話が面白かった。銃の性能から、論理的に歩兵にどんな戦闘をさせようとしているか導き出すくだりは、推理小説のように面白い筋立てに感じられました。RPG−7を自衛隊に導入させろという主張はどうかと思いますが(演出家としての意見、と捉えると、面白く読めますが)、映画の撮影でそれを触ったりぶっぱなすのを見た感想は説得力があります。

 何より、日本のどこにも、次の戦争ではどうやったら勝つことができるのか、真面目に考えられていないという話が随所にでてきて、小説書きとしてはかなり参考になるのです。
 自衛隊が戦争でどのように戦うことができるのかはわかりませんが、世界中で行われている紛争でどのような戦闘が行われているのかは、ネットを漁るだけでもかなりディテールを掴むことができます。
 自衛隊の兵器体系や組織を、そうした現実の戦闘の形にすり合わせてやると、シミュレーション的に、自衛隊がどんな戦争に巻き込まれるのかが書けるような気がします。自衛隊以外の、政府や世間、企業や家庭で日本人がどのように動くのか。それは、非常事態だった3.11地震の事を調べればある程度は掴める予感がします。
 個人的に印象的なのは、原子力発電所の事故を想定した避難計画を誰も全く考えていなかった事。これに関しては、日本で戦争が起こった場合も同じことが起こるでしょうね。今の日本で、本気で「敵が着上陸してきた時のための避難計画」を考えている人なんて、一人もいないでしょうから。ただ、戦争が起こった場合は、やってくるのは災害ではなく人間なわけですから、人間同士の接触が起こったらどうなるのか、それは小説家の想像力と説得力如何にかかってくるでしょうが。

 そんなわけで、再再再再読くらいになりますが、それでも面白く読んでます。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする