2013年01月23日

SF的いじめ対策提言

 今日は、書店に行くも財布を忘れたり、つい怠けてしまって投稿小説がレポート用紙半分しか進まなかったり、実りが少ない一日。

 二つのいじめが関わった自殺が起こり、いろんな人がああでもないこうでもないと言葉を交わしている。まあ正論もあるし筋の通った論もあるのだが、私にも意見があるので書いてみたい。
 断っておくけれども、非現実的な提言である。
 このような事件が起こると、当たり前だが様々な感情が巻き起こる。いじめられていた子が可愛そう、だとか、いじめっ子が許せない、殺してしまえ、とか。人間なのだから、それは普通のことだ。だが、それはいじめ対策では邪魔なものだ。
 いじめの当事者も様々な感情を抱く。いじめられた者は、いじめられた自分が惨めに感じる。たいていは親にいじめられた事実を隠すが、それはいじめられた子を持つ親もまた惨めに違いないと感じるからだ。だから黙って死んでいく。
 いじめた方だって、悪いことをしているのは知っている。知っているから隠す。見えない様にする。また大人が見せる態度をそれとなく見ていて、許されそうな範囲で悪さをする。先生や親が特定の子供をぞんざいに扱えば、周りの子供も相手をいじめるようになる。
 そういった諸々の感情は、人だから当たり前に生じるものだけれど、対策を施す際には最大の障害物になる。
 この際、いじめというのは一種の社会現象、複数の人間が組織を作れば一律に発生する可能性のある現象であると仮定して、いじめられる人間も、いじめる人間も、関わらない様に見過ごす人間も、人間関係の上で避けられず発生する力学的なものだとみなし、この現象「いじめ」を解消してやれば一切を不問とする、とすればいいのではないかと思う。
 風邪みたいなものだということだ。
 風邪は引いてしまうものだから、引いたら対処して体を治してやる。
 同じように、いじめ現象が発生してしまったら、人間関係をフラットに戻してやる。
 という感じで、対策にヒューマニズムを排除するのだ。
 関係者全てが感情を持っているから、いじめを隠すのだ。現場から感情を排除する方向で対処してやれば、隠さなくとも良くなる。
 いじめられた自分、というものが惨めでなくなれば、こういう日常が起こる。
 ある日、子供が親にこう言う。
「オレ、いじめられてるみたいなんだ」
「そうか。じゃあ先生に対策してもらわないとな」
 親に相談を受けた先生は、クラス会でこう言う。
「このクラスでいじめが起こりました。人間なのでいじめを起こすのは仕方ありませんが、クラス全員に悪影響を及ぼすので無くさなければなりません。ケアをしますので、あとで家庭面談のお知らせを渡します」
 そうして、ダイエットをするために体質改善をするようなお手軽さと、ある意味ストイックさをもって、人間は自分を見つめる必要があると思う。いじめてしまった自分を。いじめてしまうかも知れない自分を。
 そして、いじめられた者が惨めでないのと同様に、いじめた者も不問に処す。という風に全ては上手く……いくわけがないのは、前述の通り人間が感情の生き物であることから察せられるが、このような方向で、ヒューマニズムの有無を含めた議論まで、人間というものを掘り起こしてみるべきだと考える。
 何だか、いま放映中の「サイコパス」というSFアニメちっくだと思うけれど(シビュラシステムっぽい)、ヒューマニズムの排除をディストピアの発露という方向ではなく、感情の克服という良い方向で見てみるのも一つの案かと思った次第。

追伸:ステマじゃないよ!
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

見方を変えてみる(F−35導入の話)

 投稿小説は、レポート用紙三枚分。やりゃできるじゃん、と思いきや、面倒くさい仕掛けから解き放たれて得意な部分に差し掛かったからだった。

 日本の戦闘機好きの中には、F−4EJ改 ファントムUの代替としてF−35Aが導入されることに不満がる方々がいらっしゃいます。35は、戦闘機としては性能が物足りないというのがその理由です。
 確かに、対戦闘機戦闘のスペシャリストとして開発されたF−22Aと比べると、おんなじ新世代ステルス機としては格闘戦闘能力は劣ります。加速性能も、最高速度も、22と比べると全く劣ったものですし、ひょっとすると15と比べても厳しい面があるかも知れません。ハードウェアとしての35は、空中戦においては格別すぐれた面はありません。
 しかし、見方を変えてみるとどうでしょうか。
 35は、性能的に空中戦よりも対地攻撃に比重を置いた機体です。ステルスを生かした運用をするために、光学センサーを充実させています。機内の搭載能力も、レーザーで誘導してやる必要のないGPS誘導爆弾JDAMの、2000lb大型爆弾を二発搭載した上で、自衛用の空対空ミサイル二発を装備できます。
 機体の性能からすると、これは空中戦に特化したF−15の後継機ではなく、対地攻撃に特化したステルス攻撃機F−117に近い新世代機といえると思います。この新世代機は、空中戦もこなせる上に、専門の機体ほどではありませんがレーダーを電子攻撃に使用することもできます。F−35一機種で、爆撃と援護、対空施設制圧というストライクパッケージを組ませることができるのです。
 中国側から、航空自衛隊がF−4EJ改とF−15J pre−MSIPの後継機としてF−35Aを導入したというニュースを見ると、このステルス・ストライクパッケージを日本がそれなりの機数で中国側に送ることができるようになる、というものになります。これは、主に迎撃機しか装備していなかった日本の空軍戦力の大転換として映るでしょう。
 すげぇ嫌な話に見えるんじゃないでしょうか。
 戦争になったら、日本は北京をステルス機で爆撃できるようになるのです。防空網は突然攻撃され大混乱し、迎撃に出たはずの戦闘機もステルス機を確実に探知できる能力はありません。

 日本も空母だ、とか巡航ミサイルとか、はてはミサイル原潜で中国に核ミサイルを向けるんだ、なんて向きもいらっしゃりますが、数年後に配備が始まるF−35Aという機体をもっとポジティブに評価してもいいんじゃないかと思います。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

今は何を書いて、何を書かないべきなのか

 長編投稿小説を続けるべく、原稿と睨めっこをする。書けなかったけど。

 今日(2012年9月19日)の朝日新聞「耕論」で、愛国について三人がインタビューされてます。で、朝日新聞なので、あまり感情的にならずに冷静に、大人の態度でいましょう、という内容で、現在の国際関係を念頭においた記事なわけです。
 個人的に疑問に思う事があります。ニュースで聴く限りは日本人が集団で暴動を起こすような中国国内のごとき事は全く起こっていないので、日本人は今でも普通に冷静でいます。腹の中で何を思っているのかはともかく、中国人や韓国人の一部のような大使館や大使を襲ったり向こうの資本の入った会社を襲ったりもしていない。一人、二人と犯罪に向かう人間がいるのは仕方がありません。国際関係が荒れてなくとも、普段から犯罪をする人間はいるものです。
 充分に冷静な日本人に、さらに冷静さを求めるというのはどういうことなのか。これが大きな疑問なんです。
 今でも冷静なのだから、むしろ冷静で立派だねと褒めるくらいでもいいはず。
 なのに、冷静でいろ、大人な態度でいるのだ、と殊更に強調するということは、個人の心の中で考えている事さえ冷静で大人を保てということなのだろうか。
 現状の日本は、サンフランシスコ平和条約と、その後のアメリカとの交渉で日本領と認められた領土へ、理屈にならない難癖を付けられて、武装した組織が差し向けられている状態です。中国のデモというか暴動では、日本人を殺せというプラカードが堂々と掲げられています。
 これで、恐怖や怒りをいだくなというのは、個人に聖人君子になれと無茶を言うようなもんです。
 基本的に、日本で生まれて日本で育てば、自分は日本人であるとアイデンティティーに刻まれています。日本人というだけで自分に対して殺意を表明されるのは気持ちのいいものではありません。理不尽な欲求を飲めと言われれば怒りも生じます。
 そうした、ある種の生理的な恐怖や怒りは感情の根本にあるものでしょうし、その怒りは不正義でいけないものだという論はちょっと無理があるような気がします。人間はそんなことができるようにはできていない。

 ちょっと見方を変えます。
 インタビューの前に一文があります。引用すると、
「中国、韓国に甘い顔をするな。国賊、売国奴は日本から出ていけ。子どもの命は国に捧げろ――。それが本当に愛国なのか。真の愛国者の言葉なのか。愛国を考える」
 とあります。
 こんなことを面と向かって他人に喋る日本人は滅多にいません。これは多分、ネットの書き込みを意識した言葉だと思われます。
 今の日本では、他人と顔を合わせて政治的な思想を語るということは礼儀に失するという空気というか、食事の場で政治を話題にするのはタブー、などという文章を見かけたりして、暗黙のルールという感じが漂っています(空気の読めない私にだってわかります)。
 だから、政治の話題というのは、一般人が論ずる場は基本的にネットにしかないわけです。
 そして、上の文にある「中国、韓国に甘い顔をするな……」云々は、一応政治的な意見の表明でもあります。そういうことを主張する政治家や政治団体もいますし、街頭で訴えても罰せられません(許可を取らずに街頭演説すれば捕まると思いますが)。
 政治家が政策として訴えられることを、国民が論じてはいけないという法はありません。ネットには限りませんが、他人にそういう言葉を投げかけても違法ではないわけです。友達づきあいが続けられるかどうかはともかく。
 だから、別にネットにそういう言葉を書いてもかまわないはずです。
 ただ、現実的な問題として、上の文から引用すれば中国人や韓国人は日本国内で生活している人もいますし、周囲にいる人間は圧倒的に日本人が多いわけですので、出ていけ、帰れと書かれれば嫌だし怖いわけです。これは、日本人を殺せというプラカードを見た日本人とおんなじです。
 法律的に、国籍を問わずに他人へ危害を加えてはいけないのが日本ですが、やはり犯罪として暴力を加えるぞと受け取られるような、犯罪予告のようなものは慎むべきだと思います。
 しかし、ここ数週間ほどの、ネトウヨを論じるという形で行われるネットの中の言葉に関する主張では、残念ながら具体論へ踏み込んで言葉が交わされている様子はありませんでした。
 人間、顔の見える相手を目にすれば、その表情や反応によって好き嫌いや心情、その場で交わすべき言葉や使ってはいけない言葉などを少しずつ読み取れます。しかし、ネットという顔の見えない大勢の人間を相手にした場では、そうしたことは読み取れません。それでも面と向かった会話と同じ様に相手に対して気を遣おうと思ったら、その配慮は最小公倍数のような、少人数でも嫌がる人がいる言葉をどんどん排除していくという、恐ろしく制限を設けた言葉と内容でしか語れません。
 気遣いというのは、相手が認識して初めて成り立つものです。相手が認識したことを読み取れる会話と異なり、ネットでは読者が気遣いを認識しているかどうかなんてわかりません。際限のない気遣いを要求されます。その気遣いさえ相手から認められているかどうか気付けないので、更なる自制を求められます。
 これでは、ネットの中で書くことのできる言葉は、街頭演説よりもはるかに貧弱な数しか残りません。日常会話なら相手によって使える言葉でも、ネットでは使えなくなります。
 そいつぁあおかしい。そうは思いませんか?
 私としては、ネットという環境はそうした性質を持っている(気遣いが認められない、認められていても気付けない)ので、会話とは異なったルールのもとに言葉を用いるべきだと考えます。
 そしてそのルールは、正義とか相応しいとか、あるいは不純とかかっこ悪いとか、感情的なものや主観的なものではなく、具体的で理屈っぽい内容のものであるべきです。例えば特定の相手へ害意や殺意を表明してはいけない、とか、根拠のない中傷はしない、など。
 で、そのルールは、現状ではローカルルールにとどめるべきだとも考えます。で、なるべくそのローカルルールをわかりやすい場所に明記する、と。

 人間は悪口を言うのが好きだし、自分の国(ひいては自分のアイデンティティー)に対してデモや暴動を起こされれば怒りも湧きますし、その怒りにまかせてひどい言葉を使ったりもします。それを欠点と呼ぶのなら、人間は欠点のある動物ですし、欠点があるという前提で世の中を組み立てなければ上手くはいきません。臭いものに蓋をしても時には露呈しますし、地面に置いておいたディーゼル発電機が水を被って非常用水冷却器が動かなくなったりするのです。
 肝要なのは、欠点が決定的な失敗や犯罪に結びつかないよう、制限やフォローする仕組みを作るということ。
 人の欠点を認めないルールよりも、欠点を認めた上で問題や犯罪が起こらないルールを作った方が健全というものです。
 さきのネトウヨとか、その反対の立場にいるブサヨとか呼ばれるような意見だって、政治的な表明であり、言論の自由がある日本では話しても書いても法に訴えられるべきではありません。
 そして、そんな様々な意見を並列化して眺め自分なりの論拠や理屈を組み立て、どこかの論戦に自ら参加していく、そうした社会はとても健全に思えるのですが、みなさんはどう思いますか。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

ネトウヨって何なんだ?

 雑誌「SAPIO」でネトウヨ特集がされて以降、その記事を取り上げる形で朝日新聞が記事を書いたり、東京U局の東京MXの番組「ゴールデンアワー」でネトウヨ特集が放映されたり、にわかにマスメディアに「ネトウヨ」という言葉が載るようになりました。
 ネットをやっていれば、目にすることの多いネトウヨという言葉ですが、ここで問題です。
 ネトウヨって、なに?

 ネトウヨという言葉は基本的に、名乗る言葉ではなく、名指す言葉のように思えます。一部、自虐的にネトウヨだと自称する方もいますが、例えば「オレはネトウヨだが……」などと語り出す人は少ないわけです。基本的に、「ネトウヨめ」などと他人に対して使う言葉だと感じます。
 これは、初期の「おたく」という言葉の使われ方に似ている気がします。特に宮崎勉事件以降に、マスメディアで使われた時期の「おたく」でしょうか。
 名指す言葉というのは、その内容を自覚したり吟味したりして使われることが少ないように見えます。ネトウヨという言葉も、「オレはこれこれこうだから、ネトウヨだ」と考え込んだ末に使うものではなく、「あ、こんな言葉を使う奴はネトウヨと呼んでやる」という感じで、人によって異なる様なあやふやな定義を用いて、発言の中に特定のパターンが見られた時に感情的に、脊髄反射的に、使われる言葉だと思います。

 「おたく」の場合は、趣味趣向重視・現実軽視というパターンの言動を公言する人間に対して使われるわけですが、ネトウヨの場合は基本的に中国・韓国に対する反発を公言する人に対して使われます。
 しかし、最近の韓国大統領が竹島に上陸訪問した事件や、天皇陛下に対して跪いて謝罪しろと発言した件に対する批判は、感情的なものであっても「ネトウヨ」と名指されることはありません。それは、この件がトピックとして世間で騒がれているからでしょう。ネトウヨという言葉の使われ方を考えると、世間で韓国による日本への侮蔑が話題になっていない時にも韓国を感情的に批判する人、といった感じになるでしょうか。
 それにしても、定義は曖昧なままです。
 例えば、最近ホットな話題として、livedoorニュースで取り上げられていますが、韓国で「竹島は日本の領土」などとサイトに書いた13歳の男子学生が、同サイトで国旗を燃やした写真が国家・国旗を冒涜する罪に当たるとして警察に捜査されている事件があります。
 先月末に、東亜日報発として、韓国政府は日本を称揚する発言のあるサイトを閉鎖するというニュースがあったので、韓国内ではある種の言論弾圧が行われているという文脈で伝えられているパターンが多いのですが、例えばこのニュースを取り上げたスレッドに対して、「韓国人は遺伝的に民主主義を維持することはできないのだ」なんていう趣旨の発言を書けば、弁解の余地なくネトウヨと名指すことができるでしょう。
 ですが、例えば、親日的な発言を削除するという韓国政府の方針に疑問を唱える、という内容の書き込みに対してはどうでしょう。最初の例は、韓国人という国籍を持つ人々に対して、根拠もなく(あっても、遺伝子的に、などという優生学的で非科学的なものだったり)、自分たちにできていることでも彼らにはできないと断定しているので、いわれのない差別ということができるわけです。しかし、批判の内容を韓国政府、立法府に向け、政権末期になると日本という外敵を設定して支持率を上げるために日本批判を繰り返す、という事実や、言論の自由が保たれるべき民主主義国家で隣国への称揚発言を国家が削除して回るという行為を危険視するというものに限定した場合は、発言者をネトウヨと呼べるでしょうか。韓国政府の動向という事実を根拠にしたり、ある種民族主義にも映る様な立法を行った韓国の国会に疑義を呈するのは、根拠のない、いわれのない発言ではありません。
 更に発言の傾向を広げると、他のスレッドから発言をコピペしてきたり、昔から出回っているコピペ発言をそのまま貼り付ける人はどうでしょう。
 ネタとして盛り上げるために、あまり考え込まずに極端な発言を書き込む人は?
 差しさわりのないことを書き込む人は?
 そもそも、スレッドの題名を見て、リンクをわざわざ踏んで読みに来るような種類の人は、どうでしょう。
 あからさまな差別発言で、まぎれもなくネトウヨと認定されるような発言の周囲にも、「ネトウヨ風味」と言えるような人が濃淡集まっています。その中でどこに「ネトウヨと呼ぶべき存在」を分かつ線を引くのか、ネトウヨという言葉の定義はまだ、そこまで深くは議論されていないように感じます。
 現状、ネトウヨという存在を批判しても、その批判自身が根拠の曖昧ないわれなき差別に陥る可能性もあるわけで、積極的に批判をしようというのであれば、まずは言葉を定義して、批判に根拠を与えるべきだと思いますよ。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

祝祭空間としての二次エロ同人(ToLOVEる ダークネス OVA1を見ながら考えてみた)

 さて、本人はいたって生真面目に脳漿を絞って考えているのですが、世の中には「ふざけている」「けしからん」と言う人が多いと思いますので、18歳以上の方々に限り、さらにエロにまつわる話に抵抗や嫌悪感の無い方のみ、「続きを読む」へとお進み下さい。続きを読む
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おたく的批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする