2017年06月03日

気持ちの良い海読書

 今日は、ものすごい風だが日差しも熱く、海読書びよりではあった。
 陽光に焼かれた体が風で冷やされ、とても気持ちいい環境ではあったけれど、砂浜から砂が舞って顔のあちこちにさらさらと触り、たまらなくなって浜から離れたところへ退避した。中々、具合のいいことは無いものである。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ダッソー・ファルコンの144

 今日は、朝方に目が覚めて睡眠が途切れたせいか眠気がひどく、ちょっと仮眠のつもりで横になったら二時間超も寝てしまった。
 インディ500について、外で何やら騒ぎが起こっている模様。まぁ、あの結果にケチをつけるような人は、そもそも普段はインディに興味が無いでしょう。2012年インディ500、佐藤琢磨がラストラップでダリオ・フランキッティのインに飛び込み、ダリオのブロックがきつすぎてイン側のラインを踏んでしまい、佐藤選手の車がスピンしてレースが終わった時、メインスタンドではダリオ・フランキッティに対する喝采よりブーイングが多かったのです(ダリオはふて腐れて佐藤との間もぎくしゃくし始めました。しかし、今年の優勝に対して2012年の時に交わしたやりとりを踏まえたユーモアのある祝福の言葉を送って、関係改善の様子を見せてくれました)。チャンスがあれば迷わず突っ込む、というドライビングスタイルの佐藤琢磨にはアメリカ人ファンも多い。それにあえてケチをつければ、アメリカ人のインディファンに突っ込まれるのは必然でしょう。

 ウクライナのメーカー「ミクロ ミル」から、ダッソー・ファルコンの10型と100型が作れる二機セットのキットが発売される模様。
 F−TOYSやミニウィングさんからセスナが発売されたり、にわかに民間小型機が1:144に増えてきたのは嬉しい限り。まぁ、まだこれが続くかどうかはわかりませんが、少し前のMU−2辺りを含めると小さくて鮮やかな模型が並べられますね。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

海読書で体を冷やす

 明日から天気が不安定、ということなので海読書に出かけてくる。が、風が渦を巻いてものすごい。走っている内は足に力を入れれば前に進むのだが、本を読むには向かない天気。砂に巻かれるわ、体が冷えるし、で集中ができない。早めに帰路に着き、物足りないので少し足を伸ばして辻堂にある「ハングリータイガー」の場所を確認しに行く。ウチから少し遠いが、食べに行きたい。
 行きも帰りも、何の因果か向かい風だった。帰り着く頃にはグッタリ。冷やしたからかお腹を壊す。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

一日経って冷静にインディ500

 今日は自転車のメンテ。初めての注油作業を行ってみる。
 それにしても、録画したインディ500を観ながら、こみ上げた喜びをどこに向けたらいいのかわからず、手を叩いてひたすら発散していた昨日のことでした。
 2012年のインディ500で、佐藤琢磨さんがラストラップにて一位のダリオ・フランキッティのインに飛び込んでスピン・クラッシュした時に、もう日本人がインディ500でトップを争うことはないんだろうな、と諦めていたのですが、幸運なことに予想は裏切られました。
 今年のチームのマシンは、速さがある一方でトラブルも抱えた車で、チーム全車がトラブルで全滅したレースもあるくらいでした。ただし、表彰台を狙えるレースもあったので、期待と不安を大いに孕んでいる一年になると感じていました。マシン不調から予選最下位、本戦では粘りの走りで立て直す、というレースがあった後で、インディ500の予選では一日目に四位の結果を出し二日目に進出、二日目は二度も壁に接触したにも関わらず再び四位の結果。そして本戦。
 チームメイトがエンジントラブルで次々と脱落していく中、一時は十位以下へと落としていた順位を再び上げて、気がつけばトップに躍り出ていた琢磨選手。私は正直なところ、二位のエリオ・カストロネベス選手を引き離せない段階で、ラスト数周で抜き返されエリオが優勝だろうな、と考えていました。インディ500で、後方のスリップストリームに入っている車から順位を守るのはむつかしい。
 予想通り、残り三周のホームストレートでエリオがアウト側から横に並び、そのまま追い抜こうとしたところ、直線でのスピードが足らずにターン1で後方に下がった時、自分の眼が信じられませんでした。基本的にアクセル踏みっぱなしのインディアナポリスで、一度アクセルを緩めるとすぐに追いつくのは困難。私が何も考えられない内に、残りの三周は瞬く間に過ぎていき、日本人初のインディ500トップチェッカーが起こりました。
 日本では割とこじんまりとしたニュースコーナーで取り上げられた感じでしたが(こういうモータースポーツ関係は、NHKが一番扱う。BS1辺りの今後に期待)、アメリカでは朝に夕にとテレビ出演があるらしいです。多分、佐藤琢磨選手は日本でよりもアメリカで有名なインディドライバーになるでしょう。
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

第101回インディ500

 すげぇぇぇぇぇぇえええ!!
 いえぇぇぇぇぇぇえええ!!
posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする